アラプラス糖ダウンはなぜ血糖値が下がるの?

アラプラス糖ダウン
血糖値対策のサプリメントといえば「糖の吸収を抑える」というのが一般的な方法ですが、アラプラス糖ダウンは「細胞内で吸収した糖の燃焼を促す」ということです。

他のサプリ・・・糖を吸収する前にブロックする
糖ダウン ・・・吸収した糖を燃焼して消費する
の違いがあります。

その働きが他の血糖値対策サプリメントと違う理由は、成分にあります。

アラプラス糖ダウンの成分はどこが違うの?

腸で糖の吸収を抑えるのは「難消化性デキストリン」という食物繊維の一種。アラプラス糖ダウンに使われているのは独自の成分「ALA(5-アミノレプリン酸)」です。

他のサプリに使われている難消化性デキストリンは、糖を吸収する前に糖をブロックし排出するものですが、ALAは健康な糖代謝を回復するメカニズムなので、食後だけでなく、空腹時の血糖値にも効果が持続するというのが大きな違いです。
ALAの検証データ
従来のサプリメントでは糖を吸収する前にブロックするために、必ず食事と一緒に摂らないと効果がありませんでした。

でも、糖ダウンは1日1回、飲むタイミングも選びません。1日1粒でいいので続けやすいのも嬉しいですね。

現在のところ、糖代謝を高めて糖の消費を促進するサプリメントは、アラプラス糖ダウンしかありません。糖を消費する時にエネルギーと熱を作り出すので、疲労回復効果があるというのも大きな特徴です。

ALAは体内でも作られ、多くの食品に含まれる成分

ALAはもともと人の体内でも作られています。

それが、加齢、過労、ストレス、運動不足などで生産する量が減ってしまいます。
また、多くの食品にもALAは含まれています。

  • 動物性食品・・いか、たこ、牛肉など
  • 植物性食品・・ほうれん草、かいわれ大根、ピーマン、トマトなど
  • 発酵食品・・・ワイン、黒酢、日本酒、味噌など

従来のサプリメントで使われている難消化性デキストリンは人工的に作られたものですが、ALAはもともと体内にあるものなので安心度が違いますね。

アラプラス糖ダウンには15mgのALAが含まれていますが、この量のALAを食べ物から摂ろうとすると、どの位の量を食べなければいけないのかを表にしました。

ALA 15mg摂取に必要な量
ほうれん草 93kg
トマト 150kg
牛挽肉 150kg
赤ワイン 9L
3.9L
酒粕 750kg

とても摂りきれない量ですね^^;

逆に、アラプラス糖ダウンにはどれだけALAがあるんだ!って感じがしますが、ALAは摂り過ぎても、不必要な分は排出されるので過剰摂取の心配はありません。

ALAは医薬品の成分としても注目されています。世界糖尿病予防会議や日本抗加齢学会でさまざまな臨床データが発表されているんです。

 
⇒アラプラス糖ダウンの詳細はこちら

アラプラス糖ダウンの口コミまとめ

40代 会社員 男性
アラプラスを試したところ、朝目覚ましが鳴る前に起きられるようになりました。身体も軽くなった気がしています。特にお酒を飲んだ次の日は体調が優れなかったことがウソのようです。
40代 自営業 男性
まだ飲み始めて数日ですが、昼食後の眠気が少なくなっているように感じます。

30代 主婦 女性
1日1錠で飲みやすく、トクホのお茶を飲むなら糖ダウンを飲んだほうが安上がりなのはいいですね。夕方は疲れてぐったりすることが多かったですが、糖ダウンを飲み始めてからは夜も家事をテキパキとこなせるようになりました。

 

口コミをみて

口コミを見ると、確かに疲労回復に効果を感じている人がいるようですね。また、食後の眠気がなくなるというのは盲点でした。食後、耐えられないほどの眠気に襲われるのは、典型的な食後高血糖の症状です。

糖ダウンを飲むことで眠気が少なくなるのなら、食後の血糖値に変化が出ているということですよね。

アラプラス糖ダウンのポイントまとめ

アラプラス糖ダウン

  • 日本初。糖代謝を高めて糖の消費を促すのは糖ダウンだけ
  • 食後血糖値の上昇スピードを遅くすることが、臨床試験で確認されている
  • 食後だけでなく、空腹時の血糖値にも効果が持続する
  • 1日1粒をいつでも好きな時に飲めばOK
  • 人間の体内、食べ物にも存在するALAが安心
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

return top