血糖値を上げないビール

ビールにも糖質が含まれています。商品ごとに少し差がありますが、おおよそ350mlあたり10~13gです。なので、血糖値を気にしているのであれば基本的にNG。でも最近は糖質カットされたビールも販売されていますし、ビールもますます健康志向になってきましたね。


糖質50%オフのビール!

asahi
五郎丸選手のCMが印象的な「アサヒ ザ・ドリーム」。糖質50%オフ(350ml缶に糖質3.0~5.25g)ということでも話題になっていますね。でも実際の味はどうなんだろうと友人に試しに飲んでもらいました。

第一声は「おっ、これはうまい!!」
(実はこのビールを飲んでもらう前に発泡酒や新ジャンルを飲んでもらっていたので、よけいそう感じたのかもしれませんが・・・)
「糖質50%オフって言われなかったら、普通のビールとそれほど変わらないんじゃないかな。コクとかキレとかもちゃんとあるし、アサヒの開発者さんがんばったと思うよ!ビール好きにも十分おすすめできる。」だそうです。

ほかの人の口コミを見てみると、糖質カットしている分どうしても味の深みがないし、パンチがない。アサヒスーパードライと比べると味は落ちる。という意見もけっこうありますが、苦味が少なくて口当たりがやさしい、バランスが取れてて飲みやすいなどの声も多かったです。

血糖値コントロールが上手にできている人であれば、ビール350ml缶1本なら飲んでもOKと言われているので、このビールでしたら2本までは大丈夫ですね。でも糖質は含まれているので、当然血糖値も上がります。くれぐれも飲みすぎには注意してくださいね。

ちなみに以前はキリンからも糖質50%オフの「晴れやかなビール」というのが販売されていましたが、数量限定の商品だったのか近所のスーパーや酒屋さんには置いてありませんでした。でも、これからもどんどん糖質カットのビールが新発売されていくのかもしれませんね。

糖質ゼロの発泡酒や新ジャンル

糖質50%オフとは言え、350ml缶に3.5~5.25gの糖質が含まれていたらやはり気になりますよね。糖質ゼロのものはないのかなと探しましたが、発泡酒や新ジャンルのものしかありませんでした。でも各メーカーからいろいろな種類があるので、飲み比べて見るのも面白いかもしれませんね。

今回はうちの近所のスーパーで見つけた3種類の飲み比べをしてもらいました。参考にしてみてください。

極ZERO(ゴクゼロ)gokuzero のどごしオールライトnodogoshi 淡麗プラチナダブルtanrei
苦味
コク
のどごし
アルコール分
フルーティ
第一印象 バランスは良いけどちょっとクセがあるから好き嫌いがわかれそう。 フルーティで女性向け。軽いからお酒があまり強くない人向け。 苦味もあって酒好き向き。一番ビールに近い。

※3点満点で評価しています。
発泡酒や新ジャンルと呼ばれるものは、ビールと比べてしまうとどうしても味は落ちるのでまずいと感じる人も多いですが、安いので主婦にはうれしいですよね。もちろん血糖値が気になる人にもやさしいです。

血糖値を上げないビールの飲み方

ビールを飲みすぎないことももちろんそうですが、空腹で飲まない、糖質オフのつまみを選ぶなどを気をつければ血糖値の急上昇を抑えることができます。

居酒屋のメニューの中には味付けがシンプルで糖質オフのものがいろいろあります。例えば枝豆や冷や奴、焼き鳥など。まずこれらや野菜を使ったおつまみをたっぷり食べておけば十分お腹いっぱいになりますよね。

でもシメにお茶漬けやラーメンを食べることはNG。ここはグッとガマンです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

return top