hba1c(ヘモグロビンa1c)測定器

hba1c(ヘモグロビンa1c)とは血液中のヘモグロビンがブドウ糖を結合したもの。この値を血液検査で測定すると、採血したときから過去1~2ヶ月の血糖値の状態がわかります。

【関連ページ】ヘモグロビンと血糖値の関係


どこで測定できる?

自宅で

以前は家庭用のヘモグロビンA1C(HbA1C)測定器(2回分キットが5,890円)がバイエルから販売されていました。でも、アメリカでの製造が終わってしまったので現在は日本にある在庫のみの販売だそうです。もうなかなか手に入らないかもしれませんね。

また郵送検診キットでも測定してもらうことができます。いくつかの会社から販売されています。
例えば日本医学株式会社の糖尿病検診は本体価格2,000円です。まず郵送検診申込セットを薬局、薬店、ネットなどで購入。検診申込書に記入をして郵送します。すると検診キットが送られてくるので、自分で説明書を見ながら採血。それを同封されている封筒で提携医療機関へと郵送します。結果は約7日~10日ほどで届けられます。

自宅で検査できると、医療機関へ出向く必要がないので、忙しい人にはピッタリですね。ただ結果があまり良くなかった場合はすぐに医療機関を受診してください

病院で

hospital
内科を受診すれば糖尿病の検査のひとつとしてhba1c(ヘモグロビンa1c)の検査をしてもらえます。費用は500円ほど。

最近は糖尿病外来がある病院が増えているのでできれば専門医がいるところの方がよいかもしれません。小さな個人病院ですと検査を外注でやっていることがほとんどなので、結果が出てくるまで時間がかかります。病院によっては1ヶ月後なんてことも。血糖値が高かったらできるだけ早く改善させたいわけですから、1ヶ月も待たされるのはよくないですよね。もう一度病院へいくという手間もかかります。

糖尿病専門クリニックですと測定器も性能が良いものが置いてありますし、検査結果が5分ほどででるものもあります。

病院でのhba1c(ヘモグロビンa1c)の検査は保険点数の都合上、1ヶ月に1回しか保険枠内では測定できません。血糖値コントロールを一生懸命頑張っている人の中には自分のがんばりを見たくて1ヶ月に何度も測定したがる人もいるようです。でもhba1c(ヘモグロビンa1c)は1~2ヶ月の平均血糖値がでるので、すぐに大きな変化がでるわけではありません。なので、1ヶ月に1回も測定すれば十分なんです。

測定方法いろいろ

hba1c(ヘモグロビンa1c)の測定方法はHPLC法や免疫法、酵素法などいろいろあります。

その中でもHPLC法は一番正確性があると言われています。今、もっとも多くの検査室などで使われている方法がこれ。

免疫法や酵素法は検査コストも安く、大量に処理できるので開業医などではこちらを採用していることが多いそう。

機械の性能もどんどん良くなっているので測定方法による誤差は昔ほどないとも言われていますが、それでも100%の値がでるとは限りません。こっちの病院では糖尿病かも!と言われるような値がでたのに、違う病院では正常だったなんていうこともまれにあるそう。機械だからいつでも正確な値がでると思い込まないほうがよいかもしれませんね。

薬局・薬店でも測定できる

yubisaki
薬局やドラッグストアに血液検査ができるスペースがあるのを知っていますか。

「ゆびさきセルフ測定室」といって数年前から全国に広がっています。

糖尿病患者やその予備軍とされる人達は年々増えているのに、実際に病院を受診している人は少ないんです。初期の糖尿病や、糖尿病にはなっていなくても高血糖の状態が続いている人は自覚症状がありません。自覚症状もないのにわざわざ病院にいって検査をするなんて面倒ですよね。でもそれを少しでも改善して、治療につなげたいという思いから始まったプロジェクトが「ゆびさきセルフ測定室」です。

正式名称は「検体測定室」。平成26年度から届け出を出すと薬局などに測定室のスペースを設けることができるようになりました。

測定できる項目は、血糖関連(血糖値、HbA1c)、血中脂質関連(中性脂肪、LDLコレステロール、HDLコレステロール)、肝機能関連(AST、ALT、γ-GT)です。店舗によって異なります。

【測定の流れ】

①薬剤師などが説明
②専用のキットを使って自分で採血(細い針を指先にチクっと刺すだけ)
③薬剤師が血液を測定器にセットし測定開始。
④結果がその場でわかる

測定するのに予約も何もいりません。採血は自分で行うのですが、指先からほんのすこしの血液を摂るだけなので痛みはほとんどありません。しかも分析にかかる時間は数分~10分程度。薬をもらいに行ったついで、ドラッグストアに買い物に行ったついでに測定ができてしまうなんて良いですよね。費用も500円~2,000円(測定室によって異なります)なのでお手軽です。

もし糖尿病などが疑われるような結果がでてしまったら、医療機関を受診することをすすめられます。4年間の調査によると、この測定を受けた人の4人に1人が糖尿病、あるいは予備軍だったということなので決して他人事ではありませんよね。

早めに発見できればそれだけ早く改善や治療につなげられます。一度検査してみてはいかがですか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

return top