血糖値を下げる漢方

漢方には、昔から薬として使われてきた優れた働きがあります。

漢方の中でも、特に血糖値を下げる働きがあるものをピックアップしてご紹介していきます。

血糖値を下げる漢方【高麗人参】

血糖値を下げる 高麗人参
高麗人参は、誰しもが聞いたことがある漢方のひとつだと思います。昔から病気の治療や回復に使われてきた王道の漢方です。



高麗人参には、サポニン、マグネシウム、核酸といった成分が膵臓の機能を高め、インスリンの働きを改善することで血糖値を下げる作用があります。

  • サポニン・・・インスリンの働きを高める
  • マグネシウム・・・インスリンの材料になる
  • 核酸・・・インスリンの働きを高め、脂質や糖質の代謝を活発にする

糖尿病の患者さんに高麗人参を飲んでもらうと、患者さんによっては血糖値が低下し、インスリンが少なくて済むようになることから、医学会でも注目されています。

作用が強いので注意が必要

高麗人参は新陳代謝を高める作用が強いので、服用には注意が必要です。

こんな症状がある人は注意!

  • 強いアレルギーがある
  • 高血圧でのぼせやめまいがある
  • かぜで熱が出ている
  • 寝汗をかく
  • おできにうみがある
  • 腎機能障害で尿の量が少ない
  • むくみがある

上のような症状がある人は、場合によってはさらに症状を悪化させてしまうことがあります。

また、長い間服用していると、不眠、動悸、頭痛、血圧上昇などが起こることがあります。

漢方は組み合わせや飲み方が難しいといわれますが、素人判断では危険になってしまうこともあるので専門の知識をもった人に相談してくださいね。

血糖値を下げる漢方【霊芝(れいし)】

血糖値を下げる 霊芝
霊芝は、サルノコシカケ科のきのこです。インスリンに似た働きをして血糖値を下げる作用があります。

きのこは血糖値を下げる食品としても一番に摂りたい食べ物ですが、特に霊芝には食物繊維が豊富に含まれていて、血糖値だけでなく血圧やコレステロールを下げたり免疫力を下げる働きをもちます。

高麗人参はインスリンがあって初めて強力にサポートするものですが、霊芝はそのものがインスリンのような働きがあるので、インスリンを分泌できないI型糖尿病に対しても有効な漢方です。

漢方薬を扱っているお店や建国食品を売っているお店で買うことができます。

きのこの傘の部分に有効成分がたくさんあるので、傘が大きいものを選びましょう。

乾燥した霊芝は、1日約15グラムを水にひたしてから煮出しします。煮出しした液を飲むのが一番良いですが苦味が強いので飲みにくいかもしれません。苦味が強いほど良いんですけどね^^;

また、乾燥した霊芝のほかには、エキスにしたものや顆粒にしたものなどがあります。

霊芝の効果はゆっくりとあらわれますので根気よく1ヶ月は毎日飲み続ける必要があります。

血糖値を下げる漢方【田七人参(でんしちにんじん)】

血糖値を下げる 田七人参
中国の雲南省が原産地のウコギ科の植物です。根っこの部分に有効成分があり、高麗人参にも含まれているサポニンが高麗人参の4倍~7倍含まれています。

サポニンはインスリンの働きを高めますが、特に田七人参には32種類のサポニンが確認されています。

田七人参にしか存在しない「田七ケトン」や「デンシチン」といった成分もあり、外傷の止血だけでなく、内臓の出血を止めたり、痛みを和らげる鎮痛効果があるものです。

これらの優れた成分は高麗人参にも含まれていないので、田七人参から摂るしかありません。

田七人参は医学界でも注目を浴びている漢方ですが、栽培と収穫にとても手間がかかり虫もつきやすいので農薬がたくさん使われているものもあります。

しっかりとした品質のものを選ぶことが大切です。

高麗人参と田七人参の違い

高麗人参 田七人参
血糖値への有効成分 サポニン、マグネシウム、核酸 サポニン(高麗人参の4倍以上)、フラボノイド、必須アミノ酸、ビタミン
糖への作用 インスリンの働きをサポート インスリンの働きをサポート
その他の作用 血圧を上げる、代謝を高める 血圧を下げる、肝機能の改善、抗がん作用、冷え性の改善
漢方の値段 2500円前後/30g 2500円前後/30g

高麗人参はサポニンだけでなく、マグネシウムや核酸が豊富で特に代謝を活発にする作用があるので、腎機能障害がある人にはおすすめできません。

また、血圧を上げる作用があるので、高血圧や肥満の人も服用は避けたほうが良いです。

一方、田七人参は血圧を下げる作用があり、血圧が高い方でも安心して摂ることができます。

また、田七人参は血糖値を下げるだけでなく、肝機能の活性化や抗がん作用に関与することがわかっています。

血圧を下げる効果はありますが、赤血球や白血球、血小板を増やす働きがあるので、貧血症や冷え性の人には効果的なんです。

どっちかを摂るなら、田七人参のほうが副作用の心配がなく、安心して飲める漢方といえます。

もし、田七人参を摂ってみようかな~という方は100%オーガニックの田七人参サプリメントがありますのでチェックしてみてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

return top