血糖値を下げる薬

血糖値を下げるために、まずは運動療法と食事療法が行われますが、それでも血糖値の低下が見られない場合は薬物療法になります。

薬は最後の手段です。できれば薬を使わずに血糖コントロールができる状態が理想です。

逆に、薬を服用しているという安心感から暴飲暴食をしてしまっては薬物療法も効かないことがあるので、普段から食事や運動には気を使うことが重要です。

血糖値を下げる薬【経口血糖降下剤】

インスリン分泌促進系

スルホニル尿素薬(SU薬)

約40年以上、世界で利用されている古い歴史をもつ薬剤です。


膵臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を増加させると考えられています。そのため、膵臓がインスリンを分泌できる能力がないと効果はありません。

注意点としては、低血糖が起きやすくなることです。肝臓障害がある方も、低血糖の時に血糖を上げることができないので注意を払います。

また、服用後におなかがすいてしまったり、低血糖を避けるために過食になってしまう傾向があるので、体重の管理はきちんと行わなければいけません。
オイグルコン錠、ダオニール錠、ラスチノン末、ラスチノン錠、ジアベン錠、デアメリンS錠、ジメリン錠、アマリール錠、トリナーゼ錠、グリミクロン錠
肥満の人には使いません。低血糖に対する注意が必要です。

ナテグリニド

速攻型インスリン分泌促進薬です。

インスリンの効果を高めて、ブドウ糖を細胞にいれて利用されやすくする働きをもちます。HDLコレステロールを高め、中性脂肪値を下げる作用もあります。単剤では低血糖を起こさないので、低血糖になる心配はありません。

ただ、デメリットもあります。脂肪が増えるので太ってしまうということ。2~3kgぐらいは増えてしまう傾向にあります。

二つ目のデメリットは、心不全の兆候があったり、心臓疾患をもつ方は心臓に負担がかかるので投与を避けます。

他には、むくみ、貧血、肝障害などにも注意しなければいけません。

急激に血糖値が下がりすぎた場合には服用を中止し、副作用が少ない薬に変更してもらう必要があります。
ファスティック錠、スターシス錠
より速やかにインスリンの分泌を促進します。食事の直前に服用し、透析を必要とする腎障害の方には使えません。

インスリン抵抗性改善系

ビグアナイド薬

食欲を低下させる作用があるので、太っている方や過食気味な方にすすめられます。

腸管からのブドウ糖の吸収を妨げ、インスリンの作用を高めて肝臓でブドウ糖が作られるのを抑える作用があります。

ただ、脱力感や吐き気を感じたらすぐに服用を中止します。血液中の乳酸が蓄積し、血液が酸性に傾くために起こることがあります。
グリコラン錠、メルビン錠、ジベトスB錠
肝臓での糖新生を抑制します。
胃腸障害を起こすことがあります。高齢者、肝臓、心臓、腎臓障害のある人は福通、昏睡、悪心に注意が必要。

チアゾリジン薬

骨格筋、肝臓でのインスリン感受性を改善します。
貧血、むくみ、体重増加に注意します。
心不全の人、肝機能障害の人には使いません。

α-グルコシダーゼ阻害薬

腸管での糖質吸収をブロックすることで、食後高血糖を抑えます。

1型糖尿病の方や、2型でも血糖値が高い型には使用は適していません。単独処方では低血糖を起こしにくいので、比較的軽症の患者さんに処方されることが多いです。

副作用としては、おなかの膨張感、おならがふえる、便秘、下痢などがあります。人によってはかなり不快な症状なので、どうしても服用が嫌なら中止してもかまわないと伝えたうえで処方されることが多いようです。
ベイスン錠、グルコバイ錠

インクレチン関連薬

DPP-4阻害薬

インスリン分泌を促進します。
副作用はほとんどないのが特徴です。

血糖値を下げる薬に頼らない生活を

薬を服用したとしても、食事療法や運動療法で血糖コントールが改善すれば、薬は飲まなくても良い場合もあります。

インスリンを注射するしか選択肢が残されていなかった患者さんでも、生活を改善して薬物療法だけになったという人もいます。あくまで薬は血糖値をコントロールするためのものであって、病気を治すものではありません。

また、スルフォニル尿素薬系は、飲み続けるとどんどん効果が薄れていくことがあるそうで、そうなると薬の量を増やすか、他の薬を併用することになります。

薬には多かれ少なかれ副作用もありますし、やっぱり理想は薬に頼らないことですよね。

血糖値を下げる難消化性デキストリン

血糖値を下げるというトクホのお茶、各社から出ていますが、注目されているのが難消化性デキストリンという成分です。

特に「十六茶W」というトクホ飲料には難消化性デキストリンが豊富に含まれていて、健康業界でも注目を集め始めています。

難消化性デキストリンってあまり耳にしたことがないですが、とうもろこしなどのでんぷんから作られる食物繊維で、小腸での糖の吸収をブロックし、排出する働きをもちます。糖の吸収に時間がかかるので、食後の急激な血糖値が上がるのを防げるという成分なんです。

コンビニやドラッグストアで売られているトクホのお茶は緑茶や烏龍茶なので、せっかく飲むんだったらビタミン、ミネラルもたくさん摂れる青汁をおすすめします。

大麦若葉と野菜の比較ビタミンや葉酸は糖代謝に不可欠なものです。緑茶を飲むなら青汁を飲んだほうが血糖値には有利に働きます。

難消化性デキストリン入りの青汁

青汁はたくさん各社から商品が出てますが、それぞれ特徴があります。ケールを主体にしたもの、りんご味で飲みやすいもの、などなど。その中でも難消化性デキストリン入りの青汁がありました!しかも、トクホになってます。大正製薬の大麦若葉青汁という商品です。

トクホの商品って高いんですよね・・緑茶や烏龍茶などを毎日食事の時に飲んだら、1ヶ月で1万円は余裕で超えます。
その点、この青汁はコスパも良いですし、なんといっても難消化性デキストリンをはじめ、青汁ならではのビタミンや鉄分がたっぷり摂れるので一石二鳥です。

経口血糖降下剤を服用していても、難消化性デキストリン入りの青汁を併用しても問題ないということなので、是非食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

⇒【トクホ】大麦若葉青汁の販売ページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

return top